特別養護老人ホーム あさがおホール様

導入事例「特別養護老人ホーム あさがおホール様」

マイクロバブルトルネードを浴室に導入され、入居者の満足度向上につなげておられる、特別養護老人ホーム あさがおホール様(兵庫県朝来市/浅田主任)にお話を伺いました。

  • マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様

    介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム あさがおホール

  • 介護老人福祉施設
    特別養護老人ホーム あさがおホール

    〒679-3431 兵庫県朝来市新井148
    電話.079-677-1901
    FAX.079-677-1988

    • 地上階2階
    • 入居定員57名
    • 居室総数46室

    ホームページを見る

特別養護老人ホーム あさがおホール 浅田主任様インタビュー

  • マイクロバブルトルネードを導入された効果や
    入居者様の反応などをお聞きしました。
  • 特別養護老人ホーム あさがおホール 浅田主任様

Q1. あさがおホールはどのような施設でしょうか?

An. 地域との繋がりを大切にしています。

特別養護老人ホームで、57名の方が入所されています。施設の周りには、中学校や市役所・図書館等があります。法人理念である「地域に無くてはならない存在になろう」「お客様に喜ばれ、信頼される良質なサービスを提供しよう」を基本として、地域との繋がりを大切にし、ご利用者には自分らしく生活して頂けるように援助しています。

マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様

Q2. マイクロバブルトルネードを導入されたきっかけを教えてください?

An. 洗剤を使用しなくても汚れが取れる。

施設長から肌が弱い方に対して、低刺激で洗剤を使用しなくても汚れが取れ、乾燥肌や痒みのある方にも効果的な機械があること、職員の介護負担にもつながるとのことを聞きまして、施設内で検討して導入に至りました。

Q3. マイクロバブルトルネードを導入されてどうですか?

An. 足の指と指の間の垢が取れます。

ここでは、57人が週2回お風呂に入ります。おおよそ1日15、16人が入浴されるのですが、それに加えてショートの方も入浴されるので相当な人数になるのです。寒がりなご利用者や早く入浴したいご利用者には、洗身時間が無いためすぐに入浴することができています。

職員の間では、足の指の間の汚れ綺麗に取れているって言っています。汚れがたまりやすいところなので、これまでは職員がしゃがみこんで洗っていたのですが、マイクロバブルトルネード導入後は、入浴だけで目に見えて綺麗になっています。洗剤なども使用していないため、経費削減にもつながっていると思いますね。

痛みを抱えたリューマチの方なども、今は入浴するだけなので、身体的な負担軽減になっていると思います。

マイクロバブルトルネードを導入したことで、トータルで一人当たりの入浴時間は10分ぐらい短縮できるようになりました。

マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様
マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様

関連事業所:ステーションRONDO様 設置例

Q4. マイクロバブルトルネードを導入する際の工事に関してどうでしたか?

An. 特に問題はありませんでした。

マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様
マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様

Q5. マイクロバブルトルネードを導入して入居者様の満足度はどうですか?

An. 満足されています。

垢が浮いているのを見て、びっくりされる方がいました。その後、入浴の度にご自身の身体を少しさすって垢を落とされています。良く温まるとの声もありました。痒みがあった方も、痒いとの声が聞かれなくなりました。

Q6. マイクロバブルトルネードを導入されてスタッフに変化はありますか?

An. 一番は腰痛予防。

マイクロバブルトルネードを導入された特別養護老人ホーム あさがおホール様

ご利用者への生活支援としておもに食事支援、排泄介護、入浴介護があります。中でも入浴介護は、ご利用者の繊細な身体状況に気を使うと同時に介護者にかかる負担も重く、移乗動作なども入るので相当な重労働です。とりわけ夏になるとそこに暑さが加わりかなり疲労します。

そういった環境の中で、マイクロバブルトルネード導入後は洗身の負担がなくなり腰痛予防になっています。腰への負担がこれまでと全然違います。入浴介護の後、次の夕食時間までの時間的なゆとりもできて、職員にとっては身体的なストレスだけでなく心理的なストレスも軽減したと思います。

先日も午後2時から5時まで20人入浴して頂きましたが、これまでと比べて楽やったなぁ、前に比べたら全然楽やったっていうのがみんなの感想です。

しっかりと垢が取れているのが目視で確認できるので業務成果の満足度にもつながっています。垢をすくう網は職員で工夫して、ストッキングで作りました。色を黒にして目立つようにしています。

洗剤もあまり使っていないですね。シャンプーはもう使っていません。

職員も入浴介護しながらお湯に手が浸ったりしているのですけど、その結果手がすべすべになったわ~って言っていました。(笑)

職員の腰痛予防が一番大きいですが、そのことで職員が他の業務にエネルギーを振り向けられるようになったことも大きいと思います。

Q7. ご家族からは?

An. 短期入所の方がご自宅で、ここのお風呂がいいのよなんて言ってくれているようです。

Q8. マイクロバブルトルネードのメンテナンス関してはどうですか?

An. 月に一度のジャバで洗浄するだけで良いので簡単です。

Q9. 課題は何かありますか?

An. もう少し早く白濁してほしい。

垢はネットで取り除きますが、細かい垢が取り切れない事があります。ご利用者の中で、医師より「短時間入浴(3分程度)」の指示がある方が居ます。お湯が白濁するまでに上がらないといけないため、もう少し白濁する時間が短縮できればよいと思います。

Q10. マイクロバブルトルネードについて最後にひとこと

An. 職員・入居者双方の負担が軽減しました。

この機械を導入したことで職員・ご利用者の双方の負担が軽減されました。何よりご利用者が満足され、喜んで頂けていることが、よりよいサービスが提供できていると実感できています。

資料請求はこちら

導入事例一覧に戻る